Twitterでも色々とつぶやいています

『かぐや様は告らせたい』から学ぶ「悪い妄想による黒歴史」

アニメ『かぐや様は告らせたい』の12話のシリアスな場面をもとにこれまで2記事書いてきました。

『かぐや様は告らせたい』から学ぶ「結果を出している人の感情の波の振れ幅と長さ」 『かぐや様は告らせたい』から学ぶ「早坂さんの機転による視点の変え方」

今回はそのシリアスな場面が終わり、
いつもの日常が戻ってきた時に会長が感じた「黒歴史」をもとに書いていきます。

会長の黒歴史

会長以外からは特になんとも思われていない、
むしろ好感を持てた部分なのにテンションが上がりすぎて、
恥ずかしい名言の数々を出してしまったため
思い出して後悔して死にそうになってしまった会長。

《夏休みの大部分、かぐやに会えない日々を送った白銀》
《あの花火の日…かぐやに出会い、白銀のテンションはガン上げでキマっていた!》

あまりにテンションが上がりすぎてついついやってしまった会長。

かぐや様としてはその会長の行動にさらに好意を寄せるようになったのに、
会長からすると思い出しただけで死にたくなるほどの痛くて恥ずかしい黒歴史。

かぐや様の視点と会長の視点の違いを見てみると…

かぐや様「私も見たかった…花火…みんなと…」
会長「だったら俺が見せてやる」

かぐや様視点
©赤坂アカ/集英社・かぐや様は告らせたい製作委員会 /
『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』12話/dアニメからキャプチャ
会長視点
©赤坂アカ/集英社・かぐや様は告らせたい製作委員会 /
『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』12話/dアニメからキャプチャ

ここの登場は会長のイケメンっぷりが際立っていたのに
会長視点だともう顔がすごいことになっています(´▽`;)ゞ

しかも、かぐや様が泣いていないどころか、
ちょっと呆れているような顔をしているような…?

見ている世界が全く異なっています…。

会長「“四宮の考えを読んで四宮を探せゲーム”のことか?」
いつものに比べれば100倍簡単だったよ」

かぐや様視点
©赤坂アカ/集英社・かぐや様は告らせたい製作委員会 /
『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』12話/dアニメからキャプチャ
会長視点
©赤坂アカ/集英社・かぐや様は告らせたい製作委員会 /
『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』12話/dアニメからキャプチャ

かぐや様の視点と会長の視点…

確かに会長の視点みたいにここまでテンパっている時に
「“四宮の考えを読んで四宮を探せゲーム”のことか?」
なんていう恥ずかしいセリフをいったら後悔しますよね(´▽`;)ゞ

かぐや様視点で言われたらクールでかっこいいお人ですが…。

視点によって全く異なります、はい…。

走り去っていく姿だって異なります。

かぐや様視点
©赤坂アカ/集英社・かぐや様は告らせたい製作委員会 /
『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』12話/dアニメからキャプチャ
会長視点
©赤坂アカ/集英社・かぐや様は告らせたい製作委員会 /
『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』12話/dアニメからキャプチャ

会長嬉しそうにガッツポーズしながら走ってた!!!

タクシーでの会長は…

かぐや様視点
©赤坂アカ/集英社・かぐや様は告らせたい製作委員会 /
『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』12話/dアニメからキャプチャ
会長視点
©赤坂アカ/集英社・かぐや様は告らせたい製作委員会 /
『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』12話/dアニメからキャプチャ

もうね、テンションアゲアゲ状態で
ほんと自己陶酔しているみたいです(´・ω・`)

会長の妄想かぐや様にも汗マークが…

かぐや様「なんて言ったらいいのか分かりませんが、あの日のお言葉は…なんていうか…すごく自己陶酔というか…会長…イタかったですよね」

©赤坂アカ/集英社・かぐや様は告らせたい製作委員会 /
『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』12話/dアニメからキャプチャ

前半ほんと惚れそうになるくらいかっこよかったのに、
後半の会長視点からすると完全なる黒歴史。

視点が変わり、その時の状況の見方が変わると
こんなにも違うものになってしまうということ
ですね(´ヮ`;)

一方的にマイナスに考えてしまうのはよくあること

黒歴史は非日常

黒歴史は自分からするとものすごく恥ずかしくて、
なかったことにしたいことではあるんですが、
今回の会長の場合はそのなかったことにしたい黒歴史によってかぐや様は救われました。

なので、会長が一方的に黒歴史だと思っているだけなんですよね。

こういう風に片方感謝している、もしくはなんとも思っていないのに、
もう片方は悩み苦しんでいることって
過去のことをいつも考えてしまう人には日常生活でよくありがちです。

黒歴史という言葉は使いませんけど。

黒歴史というのは日常的なことではなく、
何か特別な時に行った出来事、
もしくは特別な行動と言える
でしょうからね。

つまり、黒歴史は非日常的なことかと。

なので、黒歴史を考えてしまったことによるネガティブな思考や妄想について見ていった方が
良い学びになるんじゃないかな、なんて思ったり。

日常的なマイナスの妄想

元々会社に勤めていた時の僕の話をすると…

お客さん先に説明しに行った帰り、
「あの説明の反応はちょっと微妙だったなぁ…
変な説明だったかなぁ…
口調がおかしかった?態度がおかしかった?
やらかしてしまったかなぁ…」
なんてお客さんとしては特に思っていないにも関わらず、
ずっとそのことを考え続けていました。

お客さんだけでなく、上司と話しても同期と話しても、
気がついたら仕事とは関係ない友人と話しても…

ずっとこんなことを気にしていたら、そりゃ病みますよね、
ってくらいいつも自分の頭で勝手にマイナスの妄想をしていましたね。

別に周りは何も思ってないのに。

仮に何かやらかしたとしても、次に繋げれば良いだけなんですが…。

ずっと心配と後悔という妄想を繰り広げて、
自分の心を痛めつけていました。

人の頭の構造的にネガティブに考えやすいようにできているようなので、
悪い妄想をついしてしまいがちなんですよね。

会長のマイナスの妄想

今回は会長からしてもこれと同じで
勝手にマイナスの妄想を広げていました。

相手の反応もよく見ずに。

というよりも、こうやって考えているから、
相手の反応も自分が考えているものに見えてくるんですが…。

一応会長はかぐや様の行動を見て、

会長(もしかして…俺の行動イタくなくて、めっちゃカッコいい奴だった!?)
《白銀は立ち直った》

©赤坂アカ/集英社・かぐや様は告らせたい製作委員会 /
『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』12話/dアニメからキャプチャ

なんて思い直したのに、
「痛い」という言葉に過剰反応してしまって
また思考が戻ってしまいます。

かぐや様「会長、花火の日…イタいイタいイタいイタいイタいイタいイタいイタい…イタかったですよね」

©赤坂アカ/集英社・かぐや様は告らせたい製作委員会 /
『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』12話/dアニメからキャプチャ

コロコロの棒がぶつかっていたから言っているだけなのに、
元々「自分は痛い人」という妄想をしていたから、つい過剰反応し勘違いを…。

人の言葉は自分が妄想していたことでそのままイメージしてしまうから怖いものです。

つまり、妄想が言葉の意味を作り出す、と言ってもいいくらいですよね。

妄想をやめるために

妄想は思考なので、思考を中断させることが必要です。

あとは考えられない状態にするとか。

そうなると、まずは「今妄想をしている」ということに”気づいた”後に
以下のことを試してみると良いのではないかと思います。

  • 暇な時間、空白の時間を作らない
  • 人と会話する時間を増やす
  • 瞑想などで思考を止める訓練をする
  • 今に集中する、動作を一つひとつ実況中継していく

悪い妄想でどんどんネガティブになっていくこともありますからね。

今回の会長のように、黒歴史だと思って思い出すと、
どんどん落ち込んでいってしまいます。

だから、上記のようなことで妄想をしないようにすることも必要ではないかと。

まとめ

以上、『かぐや様は告らせたい』から学ぶ「悪い妄想による黒歴史」でした。

改善するために悪い妄想をするならまだしも、
それ以外であればただ自分を傷つけてしまうだけですからね。

悪い妄想はほどほどに。

それでは、今回のまとめとなります。

  • 視点が変わり、その時の状況の見方が変わると見える世界が大きく変わる
  • 何か問題を起こしたとしても起こしてしまった物は仕方ない。早急に対処して、次はその問題が起きないように次に繋げることが大事
  • 妄想が言葉の意味を作り出す
  • 悪い妄想はやめよう!

それでは、今回は以上となります。

ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。