Twitterでも色々とつぶやいています

『かぐや様は告らせたい』から学ぶ「手段が目的に変わる恐ろしさと対策」

気がついたら『かぐや様は告らせたい』から学ぶシリーズ第四弾となりました。

当初はなんとなく書いてみただけだったんですが、
観ているうちに色々と書きたくなっちゃったんですよね(´▽`;)ゞ

というわけで、今回も 『かぐや様は告らせたい』の 7話から
「手段が目的に変わる恐ろしさと改善策」を見ていきます。

手段が目的に変わる恐ろしさ

手段が目的に変わっているよ?」なんて言われたことはないでしょうか?

手段が目的に変わっている時って自分では意外と気づきにくいものですが、
それは一体どういう時なのかを、7話から見ていきます。

白銀会長の(ポンコツ)恋愛相談

取り上げるお話は、恋愛マスターである白銀会長の(2回目の)恋愛相談から。

©赤坂アカ/集英社・かぐや様は告らせたい製作委員会 /
『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』7話/dアニメからキャプチャ

記事では取り上げていないですが、
後ろのいる彼女持ちの相談者は付き合う前に
一度白銀会長に恋愛相談をし、成功しています。

ですが、白銀会長は恋愛に関して無知と言っても良いレベルなので、
この恋愛相談でボロを出さずにいれるかどうかが心配だったりします。

そんな会長は今回、
手段であるはずのものが目的に変わってしまうため、
白銀会長の言葉の方向性が変わっていってしまいます。

というのも、今回の相談内容は
彼女と手を繋ぎたい
というものでした。

「勇気を出して手を繋ごうね?」
という一言で終わりそうですが、それはそれ。

そんなことはわかっていても勇気が出なくて人に相談したくなるものです。

そんな「彼女と手を繋ぎたい」という相談に対して、
会長の回答は

「いいか、手を繋ぐなんてのは簡単だ。クルーザー借りて水平線に沈む夕日を眺めつつ、ふと触れ合った指先を意識して俯いた彼女にほほ笑みかけながら握ればいいだけだ」

©赤坂アカ/集英社・かぐや様は告らせたい製作委員会 /
『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』7話/dアニメからキャプチャ

という、なんともハードルが高い回答を…

「白銀会長はあまりお金がない苦学生なのに、なぜこんな回答を…?」
と思ったのですが、この会長はこの時すでに目的を見失いかけていたのかと思われます。

というのも、このお話の結末は下記のように書かれています。

©赤坂アカ/集英社・かぐや様は告らせたい製作委員会 /
『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』7話/dアニメからキャプチャ

「バイト仲間獲得に失敗」と。

今回は恋愛相談であり、「彼女と手を繋ぐこと」が目的だったはずです。

にも関わらず、結果は 「バイト仲間獲得に失敗」 なのです。

つまり、「彼女と手を繋ぐこと」が目的のはずの恋愛相談で、
会長は「バイトをさせること」が目的になっていました。

クルーザーを借りるためにはある程度のお金が必要だから、
バイトしようぜ!」というただの手段だったはずなのですが、
会長にとっては「バイトさせること」が目的になってしまっているわけです。

そのため、何かと理由をつけて、「バイトしようぜ!」と言っています。

©赤坂アカ/集英社・かぐや様は告らせたい製作委員会 /
『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』7話/dアニメからキャプチャ
©赤坂アカ/集英社・かぐや様は告らせたい製作委員会 /
『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』7話/dアニメからキャプチャ
©赤坂アカ/集英社・かぐや様は告らせたい製作委員会 /
『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』7話/dアニメからキャプチャ

とまぁ、上記3枚のように
暑苦しいほどのバイト推しをしています。

相談者が何か言う度にバイトを推してくる会長。

もう恋愛相談ではなく、完全に「バイトをさせること」が目的になっています。

そのため、かぐや様も

(お願い、根本的な間違いに気付いて)

©赤坂アカ/集英社・かぐや様は告らせたい製作委員会 /
『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』7話/dアニメからキャプチャ

と、心の中で思ってしまう始末。

ですが、そこまで熱いバイト推しをされたら
相談者側も洗脳されてしまいます。

そのため、

「決定的ですね…手を繋ぐのにバイトは必須」

©赤坂アカ/集英社・かぐや様は告らせたい製作委員会 /
『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』7話/dアニメからキャプチャ

なんて、会長に洗脳されてしまいました。

相談者からすれば会長は恋愛マスターだし、
それを抜いたとしても、このものすごい学園の生徒会長として生徒を束ねている人。

そんな人が「熱いバイト推し」なんてしてきたら、
「手を繋ぐのにバイトは必須」なんて洗脳されてしまっても仕方ないと言えてしまいます。

バイトというのはただの手段であり、
しかもその手段というのも「クルーザー」を借りるためであって、
「手を繋ぐこと」の中にクッションが含まれているほど遠いものです。

にも関わらず、信頼の厚い生徒会長の熱いバイト推しにより、
あたかも「バイトをしなければ手を繋ぐことなどできない」という
飛躍的な考えを受け入れてしまいました。

手段はあくまで手段であり、
それが目的になってしまったら遠回りどころか
目的に達することすらできなくなる可能性すらあります。

この会長は

「時給1000円のバイト5時間で5000円だから…だいたい40日働けばいけるな。楽しい夏休みになりそうだな」

©赤坂アカ/集英社・かぐや様は告らせたい製作委員会 /
『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』7話/dアニメからキャプチャ

なんてことを言っていましたからね。

「夏休みに40日間」バイトをするとなると、
ほぼ毎日バイトすることになります。

すると、どうなるか?

下手したら別れることになります。

彼女との時間が無くなりますからね…

高校生でずっとバイトして会えないことを彼女が受け入れられるかというと、
思春期でそれは正直厳しいと言わざるを得ないです。

そのため、振られてしまう可能性が非常に高くなり、
手を繋ぐどころではなくなってしまいます。

相談者もそれに気づいたのか、

「そう…ですね」

©赤坂アカ/集英社・かぐや様は告らせたい製作委員会 /
『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』7話/dアニメからキャプチャ

と、苦笑。

まぁ、夏休みがバイトで潰れると考えただけでも
苦笑ものですけどね…。

ですが、信頼の厚い会長、しかも恋愛相談に乗ってもらっている側としては
なかなか断りづらいものがあります。

会長に断れないクロージングをかけられてしまっている状態です。

正直このまま事が進めば
「あの会長はやばい人だ…近づかないほうがいい」
なんて悪いウワサが経ってもおかしくありません。

この場で商品を売られたとしたら
「あれは詐欺の手法だ!」
なんて言われかねない話です。

ですが、この会長、決して騙すつもりもありません。

手段と目的がおかしくなっているだけで、
それに気づいていないだけなのですから。

そのことに後からやってきた藤原書紀に言われます。

「えっ?普通に繋げばいいじゃないですか。どこに悩む要素があるんですか?
(中略)
猛省してください!」

©赤坂アカ/集英社・かぐや様は告らせたい製作委員会 /
『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』7話/dアニメからキャプチャ

と怒られてしまいました。

ここで会長。

会長「じゃあバイトは?」
千花「必要ありません!」

会長「嘘だろ…」

©赤坂アカ/集英社・かぐや様は告らせたい製作委員会 /
『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』7話/dアニメからキャプチャ

この言葉を聞く限り、
会長はただバイトをさせたがっていたのではなくて、
一応ちゃんと目的の「手を繋ぐこと」も考えていたということなんですよね。

ですが、「バイトをさせる」という手段が目的に変わってしまっていたために
視野が狭くなってしまって、全てのことに「バイト」を繋げてしまい、
答えを導くための道に迷子になってしまいました。

会長は、手段が目的になっていたことに気づかなかったんです。

そのため、相談者を遠回りさせる、
いや、それどころか破滅に追い込んでしまうところでした。

手段を目的に変えてしまうと視野が狭くなってしまうため、
それが正しいと思って間違った道に突っ走ってしまいかねないのです。

というのが、今回『かぐや様は告らせたい』から学べることでした。

ここからはブログを書く人の話に落とし込んでいきます。

フォロワーを集める罠

ブログのアクセスを集めるためにTwitterなどのSNSでフォロワーを集める人って多いと思いますが、
フォロワーを集めることが目的になってしまう人って結構多いんですよね。

ですが、目的はブログにアクセスを集めることであって、
フォロワーを増やすことはその手段
です。

フォロワーを増やせばブログのアクセスを増やすことはできると言えばできるのですが、
無理やりフォロワーを集めたところで自分に興味がない人たちばかりだったら
ブログにアクセスなんて集まりませんよね?

だから、フォロワーを集めるという手段を目的として考えてしまうと、
無駄なことに労力を使いかねません。

また、ブログのアクセスについても同様です。

ブログのアクセスを集める理由は、ブログ記事を読んでもらい、
その後の結果が目的となるはずです。

ブログのファンになってもらいたいとか、
広告をクリックしてほしいとか、
何か買ってもらいたいとか。

人それぞれ目的が異なるはずです。

そして、その目的にあった人に読んでもらうことが適切な手段となるはずです。

目的があるからこそ、それに対しての適切な手段を取れるはずなのに、
手段が目的になってしまうと、本来の目的が見えなくなって、
無駄なことをしてしまいます。

だから、手段を目的として考えないことが必要になってきます。

そうでないと、もしかしたら白銀会長みたいに
破滅の道へ誘われるかもしれません…。

手段を目的としない、
これは常に意識しておいた方が良いです。

手段を目的としないための4つ方法

手段が目的になってしまう多くの理由は、
日頃からあまり目的を考えていないから
です。

フォロワーを増やすとか、記事を書くとか、
毎日そういう手段を使って目的を達成しようとしていますが、
そればかりに目が奪われ、視野が狭くなってしまうんですよね。

だから、無駄なフォロワーを増やしてしまうとか、
「毎日更新できればいいや」とただ毎日更新するだけになってしまったりします。

ですが、本来の目的はブログで期待する結果を得たいからなはずであり、
その目的から外れた手段は基本的には無駄なことです。

「毎日更新できればいいや」と適当になった結果、
その記事を読まれて「この人のブログは読む価値ないや」と思われたら、
むしろ目的から後退していることになります。

だからこそ、日々「目的」は意識しないといけないのです。

では、どうやって日々「目的」を意識すれば良いのでしょうか?

以下の4つの方法を試してみてはいかがでしょう?

方法1:朝起きたら読み上げる

僕の知っている成功者と呼ばれる方々は
目標・目的を紙に書いて貼って、朝に読み上げている人が多いんですよね。

これは自己啓発系でも言われていることで、
そちらで言われているのは
「目標を達成できている自分をイメージするため」
とかだと思います。

ですが、僕的には
方向性をしっかり頭の中に叩き込むため
だと思っているんですよね。

目標・目的を朝のうちに読むことで頭の中に叩き込まれ、
毎日の作業はそれを達成するための手段に過ぎないと考えることができます。

そうすれば、何のために今作業しているのかを意識しやすくなるため、
手段を目的と考えにくくなるんです。

方法2:毎日メールを届くようにする

メールには日時しての予約メール機能があったりするので、
それで毎日読んで、目標・目的を意識するというやり方です。

先程の読み上げることと組み合わせて使った方が効果がありますが、
ただ読むだけでも手段と目的と勘違いしづらくなります。

予約メールの設定が面倒であれば、
リマインダーの設定でも良いですね。

方法3:Twitterのツイートで固定しておく

Twitterのツイートで目標・目的をつぶやき、
それを固定ツイートとしておくと、
毎日Twitterに触れることで意識することができます。

もちろん、固定できるものなら何でも良いので、
Twitterとは限らないんですけどね。

毎日目に入るところに目標・目的を書いておくことで
頭の中に叩き込んでいきます。

方法4:誰かに相談する

毎日誰かに相談することは難しいかもしれないですが、
誰かに相談することで手段が目的になっていることを指摘してもらえるかもしれません。

また、相談することで目標・目的が明確になったりもするので、
定期的に誰かに相談することは大切だと思います。

コーチングを受けると道に迷いづらくなるからオススメですね。

相談できる相手がいないのでしたら、
僕でよければお話を聞きますよ~。

そうやって、誰かしら捕まえて相談するのもありですよ。

まとめ

手段を目的としないための方法は結局まとめちゃうと、
常日頃から目標・目的を意識しちゃおう!
ってだけなんですよね。

常日頃から意識していないと、
どうしても目の前の手段に目がいっちゃうので、
手段が目的になってしまいがちですから。

そうならないためにも、常日頃から目標・目的を意識して、
「あ、手段が目的になってた…」
と気づけるようになると良いですよ~。

それでは、今回のまとめです。

  • 手段が目的に変わってしまうと、遠回りをするだけでなく、破滅に向かう可能性がある
  • 目的があるからこそ、それに対しての適切な手段を取れるため、手段を目的として考えないことが必要
  • 手段が目的になってしまう多くの理由は、日頃からあまり目的を考えていないから
  • 手段が目的になってしまうと視野が狭くなり、なかなか抜け出せなくなる
  • 手段を目的としないための4つ方法
    方法1:朝起きたら読み上げる
    方法2:毎日メールを届くようにする
    方法3:Twitterのツイートで固定しておく
    方法4:誰かに相談する
  • 常日頃から目標・目的を意識しちゃおう!

手段が目的になってしまうことはよくあるけれど、
そうなってしまうと結果が出ないなんてことになりがちなので、
気をつけたいところですね。

それでは、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。