Twitterでも色々とつぶやいています

感謝はメンタルを強くするための最強のツールだよ?:感謝を習慣化させよう

前回の記事
考え方は事実よりも重要
にて、感謝について触れたので、
今回のテーマは「感謝」にしようかと思います。

感謝することって大事なんですよ~と。

ちょっと前に
「感謝について深く考えたことはないなぁ~」
と言われたことがあるので、
ここでは僕個人が考える「感謝」について書いていきます。

感謝レベルというものも作ってみたので、
自分がどのレベルにいるのかも確認していただけたら幸いです。

少しでも感謝することに興味を持ってもらって
「これから感謝をする習慣をつけてみようかな~」
なんて思ってもらえたら嬉しいですね。

そもそも感謝とは?

前回の記事でも書きましたけど、
感謝について言うと、
「あー、はいはい、感謝ね感謝。いつもしているよ」
という感じで、
そんなに深く考えることってないんじゃないかな~と。

僕自身もそんなに深く考えてきませんでしたしね。

人から何かしてもらったら感謝する
このことを当たり前として育てられてきたので、
感謝するってことは結構身近なものです。

ですが、あくまで『してもらったこと』に対して感謝するだけなんですよね。

人からなにかしてもらった時にだけ感謝するのだけではなく、
人や出来事など、全てに対して感謝することができたら幸せだと思うんですよ。

マイナスのことだろうがなんだろうが、
全ての物事に感謝することができたら否定的な考えなんて生まれず、
こんなに感謝することができるなんて私はなんて幸せなんだ!
って常に肯定的な考え方ができるでしょうから。

こうやって書くと、
「怪しい話だ…」
と思われてしまいそうですけど、
感謝すること自体に罪はありません。

感謝することで気持ちを和ませ、
前向きにさせてくれるから
むしろ全てのことに感謝していくべきなのでは?
と思っています。

感謝することは心理学や脳科学的にも
ストレスの軽減や幸福度が上がるって言われていますしね。


不安や心配な気持ちがある時は
感謝する気持ちにはなれませんよね?

逆に感謝する気持ちがある時は
不安や心配な気持ちにはなりませんよね?

そう考えると、感謝することは、
メンタルを強くするための最強のツール
ではないでしょうか?

感謝することはメンタルを強くするための最強のツール

感謝は日頃から無意識に行っていることが多いと思います。

何か手伝ってもらったり、貸してもらったり、プレゼントをもらったりすると、
「ありがとう」という言葉が自然に出てきますよね?

比較的なじみがあるものなので、
習慣化しやすいものだと思うんですよ。

正直、
「ポジティブに考える習慣をつけましょう!」
って考えるよりは楽ではないかと。

ポジティブに考えることをしてきていないからできないわけで、
「ポジティブに考えるってどうしたらいいの!?」
なんて思ってしまう可能性まであります。

ですが、感謝することであれば、
「どうやって感謝したらいいの?」
とはなりづらいと思うんですよ。

日頃から無意識でやっているので。

なので、ポジティブに考える習慣をつけるよりも、
感謝する習慣をつける方が楽なのでは?
と個人的には思うのです。

感謝することで気持ちを和ませ、
前向きにさせてくれるのであれば、
無理やり「ポジティブに考えよう」なんて思う必要なんてありませんからね。

なので、ポジティブに考える習慣をつけるよりも、
感謝する習慣をつけていきませんか?

というのが僕の提案です。

ここまでのまとめ

  • 感謝することは気持ちを和ませ、前向きにさせてくれる
  • 全ての物事に感謝しよう
  • 日頃から感謝しているため、馴染み深く習慣化させやすい
  • ポジティブな考え方よりも感謝することを習慣化しよう!

感謝レベル

感謝することを習慣にすることができれば、
人生がもっと楽しくなるのではないかと思います。

少なくとも、落ち込むことは激減するかと。

そんな素晴らしいツールである「感謝」ですが、
「今自分はどのくらい感謝できているんだろう?」
って指標があると便利かなー、と思い、
感謝レベルというものを勝手に作ってみました。

それが以下のものです。

感謝レベル0
世界そのものが敵だと考え、全ての人や物事を憎み、恨んでいる状態
感謝なんてできない
感謝レベル1
人から何かしてもらったら感謝できる状態
例:仕事を手伝ってくれたことに感謝
感謝レベル2
人ではなく、良い出来事が起きた時に感謝できる状態
例:なくした物を見つけることができたことに感謝
感謝レベル3
人や物、現状など、今あるものに感謝できる状態
例:仕事があることに感謝
感謝レベル4
悪いことを含め、全ての物事に感謝できる状態
例:ひどい事故に巻き込まれたけれど、こうやって生きていることに感謝

感謝レベル0:世界そのものが敵

世界そのものを敵だと考えているため、
憎んだり、恨んだりすることはあれど、
感謝は絶対にしないレベルです。

感謝することがないので、
レベル0として定義しました。

憎しみや恨みに支配されてしまったら感謝の言葉なんて出てきませんからね。

僕自身、精神的に疲れてしまった時は、
このレベルにいたのかな、と思います。

当時は感謝なんてする余裕がなかった気がするので…

精神的に疲れてしまうとこのレベルに落ちてしまいかねないので、
このレベルに落ちる前に感謝するということを習慣化させておきたいものですね。

感謝レベル1:人から何かしてもらった時に感謝できる状態

このレベル1が一般的な水準かなって思います。

人から何かしてもらった時に「ありがとう」と感謝するレベル。

話を聞く限りだと、
ここで止まっている人は多いんじゃないかなと。

人に感謝することはもちろん大事ですが、
せっかくなのでさらに上のレベルを目指したいものですね。

感謝レベル2:良い出来事が起きた時に感謝できる状態

レベル2では、人ではなく出来事に対してです。

なくしたものが出てきた時とか、
落としたら割れるようなものを落とさずにキャッチできたときとか、
そういう時にする感謝です。

僕は今は
「うわー…ほんとありがとうございます…!」
と、無意識に言葉に出ています。

何に対しての感謝かはわかりません(笑)

ただ、なくしたものが出てきたことは嬉しいし、
落として割れたら大変なことになるから、
落とさずにキャッチできたことも嬉しいじゃないですか?

落として割れたときなんてほんとゾッとします…。

だから、無意識に「ありがとうございます!」って感謝するんですが、
そうやって言葉にすると気持ちが落ち着くんですよね。

おそらくこの感覚は
FXとか仮想通貨で大きくレバレッジをかけている人ほどわかるのではないでしょうか?

そろそろ損切り…って状態になるとついついお祈りしちゃって、
そこから反転してプラスになると、
「神様、本当にありがとうございます…!」
って状態になると思うんですよね(´ヮ`;)

困ったときの神頼みって状態になるから、
いつもは神様を信じていないのに、その時だけ神様に感謝!

…でも、また同じことをやって大損する人が大半なんですけどねε= (´∞` )
(経験済みです、はい…)

FXとかやった人にはわからないかもしれませんが、
感謝レベル2というのはこのような出来事のように
人以外の良い出来事に対して感謝することです。

感謝レベル3:人や物、現状など、今あるものに感謝できる状態

感謝レベル3は人から何かもらったり、
良い出来事があったことに感謝するのではなく、
今の現状に感謝することです。

「今きちんと仕事があることに感謝」
「友人がいることに感謝」
「趣味があることに感謝」
などなど。

僕としてはこうやってブログを書ける環境にいれることに感謝ですね~。

そもそも、今の時代だからこそブログを書けますからね。

インターネットが普及していなければ
こうやって書くことができませんし…

今の環境って本当に素晴らしいなぁ、と思います。

インターネットがあれば、
色んな方が書いている漫画も読めるし、
低価格でアニメも見れるし、
Twitterで色んな人と関われたり、情報も得ることができるし、
今の環境ってものすごく恵まれているんですよね。

今の環境にあることに感謝です、ほんと。

と、こんな感じで、
今の自分の現状に感謝するということですね。

「今の自分には何もない…」
という人でも、考えてみると色々と出てきたりしますよ。

考えてみることで、感謝するための目が養われるので、
今の自分は何に感謝できるのかなぁ?
と一度考えてみることをオススメします!

感謝レベル4: 悪いことを含め、全ての物事に感謝できる状態

職を失おうが、家族が亡くなろうが、
事故にあって一生歩けないと言われようが、
それでも感謝することができるレベルです。

かなりの高難易度ですね、ぇぇ…。

このレベルに達することができれば、
何事にも動じない鋼のメンタルを持つことができるでしょう。

なので、最終的にはこの感情レベル4を目指したいところです。

実際に到達できるかどうかは別として、
このレベル4を目指したいですね。

僕もこのレベル4を目指している途中ですので、
僕と一緒に目指しませんか?

注意
感謝レベル4は誤解されがちですけど、
「冷たい人になろう」とか「感情を殺そう」とか
そういうことを言いたいわけではないです。

職を失ったり、家族を失うことは悲しいことです。

なので、悲しいのであれば感情のままに泣き、
泣いた後は感謝することで前を向いて歩いていこう
ってことです。

言い方を変えると「切り替え上手になろう」ってことですね。


感情レベル?:おまけ

今回は現在という立ち位置でレベル付けをしたので取り上げなかったのですが、
過去に感謝することもできるんですよね。

「昔は精神的に病んでしまっていたけれど、
その病んでいた時があったおかげで
病んだ体験をもとにブログを書くことができる」

「昔先輩に怒られて不貞腐れたけど、
あの言葉のおかげで今があるなぁ」

なんていう風に過去のことに対しても感謝することができます。

過去に視点を向けつつも現在の状況に感謝しているので、
感謝レベル3に含んでもいいかなーとは思うんですが、
今回は一応分けておきました。

過去は無駄だったとか、嫌だったと思うことでも、
今考えてみると、今の自分には大切なことだったってことはよくあります。

それがわかると力が湧いてくるものです(9`・ω・)9

なので、たまには過去のことを思い出して、
過去の想い出に感謝し、
今の自分に活力を与えるなんてこともしてみたらいかがでしょうか?

以上、おまけでした!

感謝レベル4に到達するためには?

レベル分けをしてみましたけど、
これはあくまで「今どの程度の位置にいるのかな?」くらいで、
目指したいところは何事にも動じない感謝レベル4ですよね?

であれば、レベル順に上がっていくのではなく、
いきなり感謝レベル4を目指すのが手っ取り早いです。

感謝レベル4は全てのレベルのことを含んでいますから。

ただ、感謝レベル4というのは
『悪いことを含め、全ての物事に感謝できる状態』
と定義しましたけど、
悪いことに関しては何か対象を作って感謝しないと難しいと思うんですよ。

事故にあって一生寝たきり生活になったときに感謝する対象がない場合、
「この状態で何に感謝すればいいんだ…」
って思うはずですから。

ですが、感謝する対象があるとそこに感謝すれば良いのです。

神様に感謝をするとしたら、
「神様は意味があって自分を寝たきり生活な状態にしたはず。
今はまだ理由はわからないが、これもきっと自分のため。
そんなお心遣いに感謝します」
などと、理由はわからないけれど
何か理由があるはずだと確信して感謝することができるようになります。

そういう風に考えられれば気持ちは落ち着くはずなんですよ。

「この状況にも意味があるんだなぁ」
と思うことができれば、心にゆとりができますから。

それに対して、
「一生寝たきりなんて最悪だ…
これからの人生お先真っ暗だ…
こんな状態になったのに感謝なんてできるわけないだろ…」
なんて考えてしまったら
どんどん病んでいっちゃいますよね?

なので、感謝する対象って大切だと思うんです。

とはいえ、
「感謝する対象なんてないよ!」
という人は多いと思うので
「感謝する対象を作っちゃいましょう!」
というのがこれ以降のお話です。

何に対して感謝をしたらいいの?

何に対して感謝したら良いかと言うと、
自分が感謝できそうなものに対して感謝するのが良いのではないかと。

信仰しているものがあるのでしたら、
その信仰しているものに感謝すれば良いので、
そういうものがある人は強いですよね。

ですが、信仰しているものがない人も多いはずです。

なので、ここでは信仰しているものがない場合、
何に対して感謝すれば良いかという一例を書かせていただきます。

例1:神様がいると見立てて神様に感謝する

さきほどFXの例で、
「神様、本当にありがとうございます…!」
と、神様に感謝をしました。

信仰しているものがなくても、
奇跡的なことが起こると神様に感謝することって多いのかな、って思います。

なので、神様は存在していると見立てて、
全ての物事に対して神様に感謝してみたらいかがでしょうか?
というのが一つの提案です。

ただ、良いことは神様に感謝できても、
悪いことが起きた時に
「神様が与えてくれた試練」
と思えるかというと難しそうですけどね…。

神様は良いことを与えてくれる、
というイメージが根付いてしまっている節があるので…。

なので、信仰していない限りは、
神様がいると見立てて感謝することはそこまでオススメしません。

例2:初詣に行っている神社に感謝する

神様に直接感謝をするのではなく、
もっとイメージしやすいものとして、
初詣に行っている神社に対して感謝してみてはいかがでしょうか?

僕は初詣で穴八幡宮という神社に行っていますが、
そこは商売繁盛がメインなので、
仕事関連のことはこちらの神社に感謝することにしています。

初詣で行っている神社なので、イメージしやすいですし、
そこに感謝すればご利益もありそうだと思いませんか?

なので、神社に対して感謝するというのもありだと思います。

悪い出来事があったとしても、
「あそこの神社が試練を与えてくれた…」
と考えることもできますから。

例3:『自分は主人公である』と信じて全ての出来事に感謝する(オススメ)

これは
自分の人生の主人公は自分自身だから、
自分を主人公と信じて、そのことに感謝しましょう

ってことです。

個人的にはこれがオススメですね。

何がオススメかと言うと、
自分を主人公に見立てることができると、
自分自身に主人公補正をかけることができるんですよ。

主人公には主人公補正がかかっているので、
どんなにピンチに陥っても復活しますよね?

だから、その主人公補正が自分にかかっていると思えば、
「あー、今はどん底だけど自分には主人公補正があるから、
ここで頑張れば良い未来が待っているな~」
と考えることができるわけです。

辛い出来事でも
「今は修行!これは成長するために必要なことなんだ!」
と自分に言い聞かせられるんです。

なので、自分を主人公に見立てた場合は、
悪い出来事でもその出来事自体に感謝しやすくなります。

悪い出来事も良い出来事も
自分の人生を面白くするために必要なものだと考えられるので。

映画とかそうですよね?

2時間前後という短い時間で終わらせなければいけないので、
無駄な部分というのは基本出てきません。

ミステリーで言えば、
「そこの窓を閉めてくれる?」
なんていう日常的な会話自体がその話に必要なものと考えると、
その発言をした人が犯人の可能性が高いとか、
そんなメタ的な視点で見れたりも。

そういうイメージを持ち、
自分は人生という物語の主人公だ!と思うことができれば、
無駄なことなんて何もない!
全ての出来事は人生という物語を面白くするためのスパイスだ!

と考えることができて、
辛い出来事など、全ての出来事に感謝しやすくなるはずですよ。

なので、自分を主人公に見立てて、
出来事自体に感謝することはオススメです。

感謝することを習慣化しよう

感謝する対象ができたら、
あとは感謝する習慣を作るだけです。

感謝レベル4にするためには、
感謝することを習慣化することは不可欠です。

そのためにも、日頃から感謝することを意識したいところですね。

日頃から感謝し、習慣化させるためには以下の手順となります。

手順1
感謝すべきことに気づく、探し出す
手順2
感謝をする
手順3
手順1と手順2を繰り返し行い習慣化させる

これだけです、はい。

日々感謝することを探し出す訓練をすることで、
感謝に対するアンテナが伸びて、
自然と感謝すべきものを感じ取れるようになっていきます。

感謝することを探し出す訓練をし、
その探し出したことに感謝することで習慣化させていくだけなので、
難しいことはないと思います。

会社に行けば不平不満しか出なかったとしても、
意識して探してみると意外と感謝するところがあったことに気づくはずです。

自分の知らないところでサポートしてもらっていた、
なんてこともありますからね。

なので、日頃から感謝できそうなものを探してみてください。

見える世界が変わってくるはずですよ。

特別なことよりも日々の小さなことに感謝しよう

特別なことに感謝しようとするよりも、
日々の小さなことに感謝することの方が大切
です。

「会社のトイレが綺麗」
「電車が遅れずに来た」
「ランチがとてもおいしかった」
などなど。

特別なことにだけ感謝していると、
特別なことが起こらなかった時は感謝することができないので、
小さいことに感謝していくことが大切なのです。

小さいことに目を向けて感謝することで、
たくさんのことに感謝することの訓練を行うことができ、
徐々に無意識に感謝できるようになっていくはずですよ。

僕も日々感謝できることを探しながら生活していますけど、
そうやって生活すると感謝することが目につくので、
結構楽しくなっちゃうんですよね。

なので、感謝する習慣ができていないのでしたら、
ぜひ感謝できそうなものを日々探して、
感謝することを習慣化してみてください。

人生が今よりも楽しくなってくるはずですから!

感謝日記をつけよう

感謝日記をつけるのは感謝する習慣をつけることにも役立ちますし、
文章に表すことで感謝することがイメージとなって頭に残りやすいので、
何か辛いことがあった時に日記に書いた感謝のことをふと思い出して、
すぐに立ち直ることもできます。

日記というと面倒かもしれませんが、
誰も見ないので正直結構適当に書いちゃってもいいんですよ。

僕の場合は以下のようにして感謝日記を書いています。

  • 感謝することは5つに限定
  • 感謝することがあったら、その場で記録する
  • 残りは朝起きたときに記載する
  • 5つ埋まらなかったら今の現状で感謝していることを記載する
  • 良い文章を書こうと思わず、気楽な気分で適当に書く 

今まで日記は続きませんでしたが、
感謝日記は意外と続いていますね。

気楽な気分で適当に書いているのが良いのだと思います。

ちなみにいつでもどこでも書けるように
Evernoteに書いてます、はい。

書いてみると意外と楽しいものなので、
1日だけでも書いてみたらいかがでしょう?

こじつけて無理やり感謝として書き込んだりもしているので、
それはそれで面白いものですよ(笑)

まとめ

最初にまとめたものもこちらに貼り付けておきます。

  • 感謝することは気持ちを和ませ、前向きにさせてくれる
  • 全ての物事に感謝しよう
  • 日頃から感謝しているため、馴染み深く習慣化させやすい
  • ポジティブな考え方よりも感謝することを習慣化しよう!

上記以降のまとめ

  • 感謝レベル4『悪いことを含め、全ての物事に感謝できる状態』を目指そう
  • 『自分は主人公である』と信じて全ての出来事に感謝することがオススメ
  •  全ての出来事は人生という物語を面白くするためのスパイス
  • 『感謝すべきことに気づく、探し出す』ことを心がけよう
  • 特別なことよりも日々の小さなことに感謝することを習慣化しよう
  • 感謝日記をつけよう

かなり長くなりましたが、
感謝することって大事だよね~と思って書いちゃいました。

これからも感謝することを考え続けて、
内容をさらに良いものへとアップデートしていけたらなぁと思っています。

それでは、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。