Twitterでも色々とつぶやいています

動機づけに報酬が必要ってほんと?:報酬があっても行動できない人にオススメなこと

毎日記事を書いていたら、今日で10日、10記事目となりました!

記事を書くのは楽しいですね(*ノ∀`*)

10日間続けてきたということで、
ここでちょっと「動機づけ(モチベーション)」のお話でもしようかな、
なんて思います。

今回は僕みたいに
「やりたくないことをやることにストレスを感じてしまう」
という人向けですね。

動機づけには報酬が必要!
なんて言われていますけど、
そういう人にはこれって実際にどうなんでしょう?
というお話です。

ちなみに僕は報酬があると逆にうまく回らなくなったりします…はい。

動機づけとは?

そもそもの話で動機づけって何?というところから。

動機づけは、達成させたいことに向かって行動し、それを達成まで持続させるという意味の心理学用語です。

まぁ、モチベーションの和訳ですね。

動機づけには2つあると言われていて、
外発的動機づけ」と「内発的な動機づけ
なんて言われています。

外発的動機づけ

外発的動機づけは名前のとおり、
外部から受ける要因がきっかけで行動を起こすものです。

外部から受ける要因というのは、
強制とか評価とか報酬などです。

仕事をする際に強制的にやらされたり、
評価やお金目的で頑張れる人もいますが、
それが外発的動機づけってことですね。

僕は外発的動機づけが苦手なんですよね。

やりたくないことを強制的にやらされると
ストレスだけ溜まって行動しようとしてもできなくなります。

行動も思考もストップしてしまうんですよ…。

あとよく
「お金のために頑張る!」
という人もいますが、
僕はどうもこれもできないです。

会社をやめた時は貯金もなくなり、
クレジットカードも限界まで使っていたりしたんですが、
そんな状況になってもお金のために頑張ることはできませんでしたね。

報酬のために頑張るというのはどうも苦手です。

他にも
「この作業をしたらご褒美だ!」
とか言いますけど、
僕はそれも苦手です。

報酬って
「これが終わればアニメを観よう!」
「これが終われば何かおいしいものを食べよう」
とかになりますけど、
僕は逆にそれが気になって良い方向にはいかないんですよね。

気になってしまうことで集中力が乱れて、
むしろ効率が悪くなってしまいます


作業しながらふと
「あ、アニメ観たいな」
とか思っても、我慢して作業することはありますが、
それで作業が捗るかと言われると特に捗りません。

むしろ、早く終わらせるために質の悪いものができたりも…。

作業中にふと別のことが浮かぶ時って作業がうまく回っていないことが多いので、
むしろ気分を変えるために先にアニメを観てしまうことの方が多いですね。

気になっているものを先に排除しちゃって、
その後作業に移った方が僕は効率が良くなります。

気になっているものって集中力を妨げるものだから、
そういうものはクリアにした方が良いと思っているので。

したいことはすぐにやるから意志力が弱いだけでは…?
ってことになりそうですけど、
僕はこれでうまく回っているので、
特に問題ないかな~と。

外発的動機づけが必要なのは、
「やりたくないことをやる時」
でしょうね。

報酬とかで自分をごまかして、
モチベーションを維持させるんだろうなぁ、と。

ただ、僕みたいに
「やりたくないことをやることにストレスを感じてしまう」
なんて人には外部的動機づけは向いていないと思います。

もし、あなたもそんなタイプでしたら、
僕みたいに「先にアニメを観る」などと先に報酬を与えて頭の中をスッキリさせてみると
意外とうまく回るかもしれませんよ~。

内発的動機づけ

内発的動機づけは、名前の通り、
内面的な要因によって行動を起こすものです。

興味や関心、充実感を得たいという内面的な要因から
自発的に「行動したい!」と思うようになります。

自分から沸き上がったものであり、
それこそ好きなことのために行動することと言っていいでしょうね。

好きなもののためであれば、
「行動したい!」って自然と思えますよね?

それが内発的動機づけであり、
基本的にこの動機づけができれば、
行動ができなくなることはなくなるので
とても重要な動機づけです。

だからこそ、色んなことに興味・関心を持てる人は強いです。

今そこまで興味・関心を持てるものが少ないのであれば、
意識してまずは興味を持ってみることから始めてみたらいかがでしょう?

「色んなことに興味を持つように努力する」ことで、
とりあえず意識を向けることができるようになるものが増えるので、
興味を持てるものが増えていく可能性が高まりますよ!

色んなことに興味を持てた方が楽しめることが多くなるので、
結果人生が楽しくなるんですよね。

なので、
「色んなことに興味を持つように努力する」
ことはオススメですよ~。

まとめ

外発的動機づけが苦手な人は
自分のためでは頑張れないけど、人のために頑張れる人が多いですね。

人のために頑張れることで充実感を得ることができる、
内発的動機づけとして機能するんですよね。

僕もこのブログを読んでくれるあなたが、
より良い方向に変わってくれたら嬉しいな~と思って書いています。

相談を受けるのも好きですしね。

お気軽にTwitterのダイレクトメールやコメントなどに相談事を書いてくれると嬉しいです。

最近は人との関わりがあまり無かったため、
相談してくれる人がほぼいなくなってしまったので、絶賛募集中です!

それでは、まとめです。

  • 動機づけには「外発的動機づけ」と「内発的な動機づけ」の2つある
  • 報酬のために頑張れるのが「外発的動機づけ」
  • 興味・関心のために頑張れるのが「内発的動機づけ」
  • 気になることがあって集中できないのであれば、先にその気になることを終わらせてみると頭がスッキリする
  • 「内発的動機づけ」を使うためには「色んなことに興味を持つように努力する」 と良い
  • 困ったことがあったら直接相談してくれると嬉しいな

直接相談してもらえると、ピンポイントで伝えられるから、
直接お話したいですね。

ということで、今回は動機づけのお話でした。

それでは、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。