Twitterでも色々とつぶやいています

ネガティブに考えすぎて疲れてない?:ネガティブな考え方をやめる一番簡単な方法

自分を変えるために一番大切なこと」という記事で
“気づくことの重要性”についてお話しましたが、
その実践ということで「ネガティブ思考」を題材にしてみました。

もしネガティブに考えてしまっていて困っているのでしたら、
ネガティブに考える習慣から抜け出すためにも、
ぜひこのやり方を試してみてください。

ネガティブに考えていることに気づいたら?

ネガティブに考えてしまう時は捉え方を変えてみよう、
なんて言われることがありますよね?

ですが、捉え方を変えるためには
「まずはネガティブに考えてしまっていることに気づくこと」
をしなければ始まりません。

そして、ネガティブに考えてしまっていることに気づくことができたら、
その出来事を客観的に捉えることができます。

考えていることに対してプラスもマイナスもない、
フラットなものとして存在しているだけのもの、
とも言えますね。

例えば、

「昨日もまた遅くまで漫画を見てしまったため、寝不足だ…
なんでいつも翌日のために早く寝ることができないんだろう…
僕はなんてダメな人間なんだ…」

なんて、ネガティブな考えをしていたとします。

ここで、
「あ、ネガティブに考えてしまっていたな…」
と思ったら、

「ネガティブに考えてしまったけど、
そんなにいけないことをしてしまったのだろうか?
次の日があるにも関わらず読み耽ることができたのは、
それほど楽しめたという証拠。
それに、昨日で全て読むことができたから
漫画の内容が気になることもないし、
今日はその分時間を有効に使うこともできる。
今日眠くて辛いのはあるけれど、仮に早く寝ようと思うのであれば、
その対策を考えれば良いだけだし、
そこまでネガティブに考える必要もないかな」

なんていう風にフラットな状態に考えることもできます。

こうすれば、もうネガティブな考えでループすることもなく、
気持ちを落ち着かせられます。

ネガティブな思考をしたくないのであれば、
ネガティブな思考に気づいて、
そこからフラットな考えに変える習慣を身につけるだけ
で、
ネガティブな思考の習慣をなくすことができるのです。

よくネガティブな考え方をしている人って
「ポジティブには考えられない…」
なんて言いますけど、
別にポジティブに考えられなくてもいいんですよ。

それでもポジティブに考えたいのであれば、
まずはフラットに考える習慣を身に着けて、
そこからポジティブに考える習慣を身に着けていった方が良いと
僕は思っています。

ネガティブな考え方が習慣としてある状態で
ポジティブに考えようとするのも悪くはないんですが、
ポジティブに考えられなかった場合、
「やっぱり自分はポジティブになんて考えられないんだ…」
とむしろネガティブな考え方を悪化させてしまいかねないからです。

先にフラットな考え方を身に着けていれば、
「ポジティブな考え方ができなかったけど、そういうこともあるよね。
むしろ、これはポジティブに考える必要すらないかもね~」
とそのことについて気楽に受け取ることができます。

なので、ネガティブな考え方をしているのであれば、
まずはフラットな考え方を習慣化していくのが良いと僕は思っています。

僕自身も元々カウンセリングに通っていたくらいなので、
ネガティブな思考が根付いていましたが、
僕は基本フラットな考え方を心がけています。

特別ポジティブにならなくてもいいかなー、と。

ポジティブに考えようとなんか疲れちゃうので、
基本はフラットな考え方が楽です。

もし、ネガティブな考え方をして疲れているのでしたら、
ぜひ「ネガティブな考え方」をしていることに気づいて、
そこからフラットな考え方に持っていってください。

STEP1
ネガティブな考え方に気づく
まずはネガティブな考え方をしていることを理解して、別の捉え方もできるはずと思うこと。
STEP2
フラットに考えてみる
ネガティブな考えを客観的に見て、ネガティブ以外で考えてみること。
STEP3
考えたことを否定しない
こんな考え方もあるよね、など適当な気持ちになっておく。

ネガティブな考え方を変えるプロセスはものすごく単純で
これだけなんです。

ですが、結構複雑に考えている人って多いですよね。

複雑に考えてしまうと、
やっぱりなかなか改善させることができません。

上記の3ステップだけであれば結構単純で、
そこまで苦にならないと思うので、
あとはその考え方を習慣化させるために何度も繰り返しやるだけで
ネガティブな考え方をすることが大きく減るはずです。

というよりも、最初はネガティブに考えてしまっても、
すぐに切り替えられるようになるはずです。

最初にネガティブに考えてしまうのは特に問題ないんですよ。

問題ないというよりも嫌なことがあったら
普通はネガティブに考えてしまいますからね。

ネガティブに考えてから、
その後どう考えるかが重要なんです。

  1. ネガティブな考え方に気づく
  2. フラットに考えてみる
  3. 考えたことを否定しない

もし、ネガティブに考えてしまって困っているのでしたら、
このやり方を試してみてください。

それでは、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。