Twitterでも色々とつぶやいています

たくさんの悩みを抱えて疲れてない?:”今”を意識するだけでも悩みは軽減される

悩みを抱えすぎると、体は元気でも
精神的に疲れ切っちゃって、
何もやる気が起きなくなっちゃいますよね…。

僕も会社に勤めていた頃は常に悩んでいたから、
精神的にボロボロでした。

なので、悩みをなくすことって
僕の一つの課題だったんですよね。

今回はそんな僕の課題であった
「悩みをなくすこと」
をテーマにしてみました。

悩みとはなんぞや?

悩みは悪いもの?

悩みと聞くと良いイメージはあまりないかと思います。

ですが、悩みというのは本当に悪いものなのでしょうか?

一度悩んでしまうと色々とぐるぐると同じことを考えてしまい、
そこから不安が生まれて
「自分は本当に大丈夫なんだろうか…?」
と心配してしまうことで、
精神的に疲れ切ってしまいます。

ですが、悩みは悪いものかと言われると、
必ずしもそうは言えません。

「今回のプロジェクトはうまくいくだろうか…?」と悩み、
「そのプロジェクトを成功させるためにはどうしたら良いだろうか?」
と前向きに考えることができたら、
悩みもプラスに働きますからね。

なので、悩みに良いも悪いもありません

悩みを良いものか悪いものか決めるのは
『心の反応』次第
です。

悩みの時間軸

悩みには”過去”と”未来”という時間軸があります。

過去に目を向けることで
過去の失敗を思い出すことで
「自分はなんてダメなんだろう…」って責めたり、
「なんてことをしてしまったんだろうか…」と後悔してしまうのが
過去の悩みです。

未来に目を向けると、
「この仕事はちゃんと期限までに終わるのだろうか…」などと
心配や不安が出てきます。

悩みの時間軸というのは、
この2つの時間軸でしかありません。

つまり、”現在”という時間軸には
悩みは存在しないんです。

なので、”現在”という”今”に目を向けましょう!
というのが今回のお話です。

“今”に目を向けることで悩みはなくなる

“今”に目を向けるためにはまずは”気づくこと”

“今”に目を向けるためにはまずは悩みに目を向ける必要があります。

つまり、悩んでいることに”気づくこと”です。

“気づくこと”については色んな記事で出てくる大切なことです。

“気づかない”と何も始まりませんからね。

「今悩んでいることは何だろうか?」
「その悩みからどんな感情が生まれていただろうか?」
と気づくことができれば、
その悩みを客観的に捉えることができます。

「あ、今仕事がうまく回っていないことに悩んでいるのか」
「仕事がうまく回っていないから、不安や絶望感で焦っていたんだな」
といった感じですね。

これで
どんな出来事に、どんな反応をしたのか
を理解することができます。

ここまで理解できればあとは、
「では、仕事をうまく回すためにはどうしたら良いか?」
に対して全力を尽くせば良いだけです。

“今”を意識する

ここで”今”を意識し、その意識に全てを集中させることが大事になってきます。

“今”ではなく、過去や未来に意識がいってしまうと、
「今まで仕事をうまく回せたことがないから、どうせ今回も無理だろうなぁ…」
「仕事を失敗したら周りからどんな目で見られるだろうか…」
とどんどんマイナスに考えてしまって、
「仕事をうまく回す方法」を考えることができなくなってしまいます。

ですが、”今”を意識すると、
「過去は過去。過去の自分はうまく回せなかったかもしれないけど、
人は変われるんだから、今回はうまく回すために色々と考えよう」
「将来どうなるかなんてわからないんだから、将来の失敗や周りの目を気にするだけ悩むだけ時間の無駄だし、精神的にも疲れちゃうから良いことないね」
なんて考えることができます。

これだけ見ると、ポジティブに考えただけに見えるかもしれませんが、
“今”を意識すると、「今やるべきこと」に集中できるので、
過去や未来なんてどうでもよくなるんですよね。

過去や未来なんてどうでもよくなると、
悩みがなくなって、頭の中がスッキリするから、
「今やるべき仕事をうまく回すこと」
に全力を注ぎやすくなります。

誰でも
「気がついたら時間がものすごく経っていた」
なんて経験があると思うんですよ。

僕は『ひぐらしのなく頃に』をやっていたら、
気がついたら外が明るくなっていた、
なんてことがありましたね…

アニメだと何話見たかで計算できるせいか、
一気に時間が過ぎることはないんですが、
漫画やゲームはものすごく集中して、
一気に時間が経ってしまっていることがよくあります。

“今”を意識して「今やるべきこと」に集中できると、
このように時間が一気に過ぎ去っていく感覚を覚えます。

その時の集中力はものすごく、
考えどころか、周り音すら気にしないレベルになるので、
作業がものすごくはかどります。
(漫画やゲームもものすごく進みます)

ゾーンに入るとか、フロー状態とか言われるものですね。

この状態に入れることが理想的です。

とは言っても、この状態を作り出すのは難しいので、
まずは”今”を意識する習慣を作って
最終的にゾーンやフロー状態を意識的に作り出せるようになっていきたいですね。

大切なのは”今この時間”なのですから、
過去や未来に翻弄されず、
“今”を大切に生きていくと人生の充実度は上がっていきますよ。

“今”を意識するために訓練法

“今”に集中するためには日頃から意識する必要があります。

禅とか瞑想も有効なんですが、
新しいことを習慣化するのってやっぱり大変なので、
これらはまた別の機会に…

ここでは、毎日行っているであろうことで
“今”を意識する習慣をつけるお話をしていきます。

毎日の歯磨きで”今”を意識する

歯磨きはほぼ全ての方がやっているはずなので、
ここで取り上げてみました。

歯磨きで”今”を意識するってどういうこと?
と思われるかもしれませんが、
行うことは「歯磨きに意識を全て集中させること」だけです。

僕もそうでしたけど、
歯磨きって結構適当にやってしまいがちなんですよね。

テレビを見ながらとかスマホをいじりながらとか、電子書籍読みながらとか。

そういう習慣をやめて、歯磨きだけに集中すること、
というのがここでいう訓練法です。

それくらいだったら簡単にできそう?と思われるかもしれませんが、
果たしてそうでしょうか?

歯磨きだけに集中するということは、
どこの歯を歯ブラシでどのくらい動かしたのか、
とかも意識することになります。

「あ、そういえば、明日早いんだっけ?」
と別のことを考えてしまうと、
「あれ?ここの歯磨いたっけ?」
と意識が飛んでいたことに気づきます。

「あ、洗面台の鏡汚れているな」
と思っても、意識が飛んでしまいます。

歯磨きだけに集中するというのは、
やってみると意外と難しいと感じると思いますよ。

もし、意識が別のところにいってしまったら、
また最初から磨き直そう、なんてやってみてはいかがでしょうか?

実はこれも一つの瞑想法と言われているやり方なんです。

瞑想の中で、
一つのことに集中する。もし、意識がずれたら集中すべきことに意識を戻す
というやり方があるんですが、実はそれと同じことをやっているんですよね。

意識がずれたからといって落ち込んでしまう必要はありません。

むしろ、意識がずれてしまう人ほど、
この訓練をした時に効果が出やすいから、
ぜひ試していただきたいです。

“今”を意識することができるので悩むことがなくなってきますし、
集中力も格段に上がってくるはずですから。

正直、僕も意識が散漫な人だったので、
すぐに別のところに意識が飛んでいたんですが、
これを行ったおかげで作業中でも
「あ、今別のところに意識がいってた…
作業に意識を向けなきゃ」
と意識を戻すことができるようになりました。

この場合、集中力としては途切れているのですが、
他のところに意識がいって時間を奪われてしまうことが減りましたね。

もちろん、昔と比べて他のところに意識が向くことも減り、
集中できる時間が増えました。

ここでの提案は歯磨きをするときにやっていることをやめて、
歯磨きに集中しませんか?という提案であって、
何か新しいものを買ったりとか、新しいことを始めようというわけではありません。

なので、比較的実践しやすいことだと思います。

また、歯磨き以外にも

  • 食事の時、テレビも何も見ず、食べることだけに意識を向ける
  • 洗い物の時、洗うことだけに意識を向ける
  • 掃除の時、掃除をすることだけに意識を向ける

なんてことをやっても良いと思います。

特に食事に全ての意識を向けるのはオススメですね。

食事に全ての意識を向けることができれば、
香りや味、食感をいつも以上に楽しめることができますから。

また、意識すると噛む回数も増えます。

後、テレビとか別のことをしながらご飯を食べると、
ついつい食べすぎてしまうという結果が出ているようなので、
ダイエット効果も期待できます。

なので、食事に意識を向けることもオススメします。

まとめ

過去や未来ではなく、今を見て生きることで感情を揺さぶられる事がなくなるだけでなく、
集中力も上がるので良い事づくしです。

ぜひ、お試しください。

では、今回の記事のまとめです。

  • 悩みを良いものか悪いものか決めるのは『心の反応』次第
  • 悩みには”過去”と”未来”という時間軸があるが、”現在”という時間軸には悩みは存在しない
  • まずは、悩んでいることに”気づき”、「どんな出来事に、どんな反応をしたのか」を理解しよう
  • “今”を意識し、その意識に全てを集中させることが大事
  • 最終的にはゾーンやフロー状態を目指そう
  • 「歯磨きに意識を全て集中させる」ことで、”今”を意識する習慣を作る

歯磨きに集中することは本当にオススメですので、
ぜひやってみてください!

それでは、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。