Twitterでも色々とつぶやいています

なかなか自分を変えられない?:自分を変えるために一番大切なこと

記念すべき1記事目は
自分を変えるために一番大切なこと」について書くことにしました。

あくまで僕が考える一番大切なことですけどね。

もったいぶっても仕方ないので最初に言っちゃいますと、
僕が考える「自分を変えるために一番大切なこと」は
気づくこと“です。

今回の記事は”気づくこと”についてしか書かないので、
「どういうこと?」と感じた方だけ続きを読んでいただけたらと思います。

あまりお時間を奪いたくはないので。

自分を変えるために一番大切なことは”気づくこと”

当ブログの理念』で
「自分を変えていくために、まずは言葉の習慣を変えていきましょう!」
的なことを書いていますが、
言葉の習慣を変えていくためには、
まずは”気づくこと”が大切です。

何をするにもまずは気づかなければ何も始まらないんですよ。

自分を変えようと思ったのだって、
「今のままの自分じゃダメだ!」
ってことに気づいたからでしょうしね。

気づくことによって
自分を変えることができるチャンスを得ることができる
んです。

自分に質問をする習慣をつけよう

気づくとはいっても
一体どうやったら気づくことができるのでしょう?

もちろん、意識して自分の言動などを見つめることは大切です。

ですが、意識して自分の言動を見つめるだけで無く、
その上で気づいたことを言葉にしなければいけません。

姿勢を正したいと思っていたら、
「あ、今姿勢が崩れていたな」
とか言葉にして気づくとか、

今の状態を見つめて
「あ、今眠いんだな」
とか。

気づいた時って心の中で言葉にしているはずなんですよ。

言葉にすることでようやく”気づいた”と認識することができるんです。

なので、自分に質問をする習慣を作り、
言葉にすることで、
“気づくこと”を増やすことができます。

自分に質問をし、気づくことで変えられる

思考や感情、行動は
自分に質問することでどんな状態であるのか気づき、
改善していくことができます。

ネガティブな思考習慣からの脱却

今自分は何を考えているだろうか?
と自分に質問をする習慣をつけると、
「あ、今ネガティブに考えていたな」
と気づくことができます。

ネガティブな思考をしていることに気づいたら、
そこからネガティブな思考をやめるという選択肢が出てくるので、
あとはネガティブな思考をやめて、
フラットに考える習慣をつけるだけとなります。

ネガティブな感情習慣からの脱却

今自分はどんな気持ちだろうか?
と自分に質問をする習慣をつけると
「あ、今ネガティブな感情(怒りとか)を持っていたな」
と気づくことができます。

ネガティブな感情をに気づいたら、
そこからネガティブな感情を落ち着かせるという選択肢が出てくるので、
あとは気持ちを落ち着かせるだけです。

簡単に気持ちを落ち着かせることはできない、
と思うかもしれませんが、
今の感情に気づくだけでも少し和らぎます。

あとは、自分なりのリラックス方法を見つけておくと良いですね。

僕の場合はお水を飲んだり、
運動やストレッチをしたり、
楽しいことを考えたり…

人によってリラックス方法は異なるので、
色々と試してみてください。

ネガティブな行動習慣からの脱却

今の自分の行動は適切だろうか?
と自分に質問をする習慣をつけると、
「あ、今ネガティブな行動をしていたな」
と気づくことが出来ます。

ネガティブな行動をしていることに気づいたら、
そこからネガティブな行動をやめるという選択肢が出てくるので、
あとはその行動をやめるだけです。

ただ、ネガティブな行動って
その時の一瞬であったりするので厄介なものです。

不満そうにため息をついたり、
「チッ」と舌打ちをしてしまったり、
思わず机を叩いてしまったり。

こういう衝動的な行動は
基本的に感情的に行動してしまっているので、
感情の習慣を見直すことで改善することが多いです。

また、いつもネガティブなことばかり考えているため、
悪い感情が出てきてしまっているとも言えるので、
思考の習慣も見直す必要が出てきます。

なので、行動を改善していくのは
どうしても時間がかかってしまいます。


ですが、変えられないわけではないので、
「そんな簡単には変わらないけれども、
続けていくことでいずれ変わることができるもの」
という意識で取り組むのが良いかと思います。

ただ、簡単に変えることができるのもあります。

例えば、二度寝。

「起きたけど眠いから二度寝かな…」
と思って二度寝しようと思っても
「いやいや、二度寝はやめるって決めたじゃん!」
と気づくことができたら、
その後、二度寝をやめるという行動をとれるようになります。

とはいえ、朝の誘惑は強いもの。

なので、気づいても寝てしまう場合があるので、
その場合はハードルを下げて、
「とりあえず起き上がって、やっぱり眠かったら椅子で二度寝しよう」
など、とりあえず起き上がってみるのも大切です。

少なくとも、すぐに二度寝をするという行動を変えることができたので、
二度寝をなくすための良い一歩と言えますから。

ハードルが高くて行動できない場合は、
自分でもできそうなハードルまで下げて行動してみると、
少しずつできるようになっていきますよ。

まとめ

自分を変えるためには気づくことから始まります。

気づかないと自分を変えることなんてできません。

なので、まずは気づくというステップがあるよ、
というのが一番伝えたかったことです。

自分が変えたいことに気づき、
その習慣を少しずつでも変えていけば、
一年後には思った以上に変わった自分がいるはずですよ。

そういう自分を目指して、
自分に質問をしながら自分の変えたいところに気づき、
習慣を変えていきましょう。

まとめると、

  • 「自分を変えるために一番大切なこと」は”気づくこと”
  • 自分に質問をする習慣を作って、今の自分の状況に気づこう
  • 思考や感情、行動の習慣もまずは気づくことから始まる

となりますね。

自分の変えたいところを変えて、
より良い人生を歩んでいっちゃいましょう!

それでは、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。